2020年仕事納め

2020年は、不動産流通の価格と量が思っていたほど影響を受けていなかったという事で、来年も不動産の流通は安定するものと思っています。

来年は丑年、良い年にしたいですね。皆様良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願い申し上げます。

PREB12月号 ご一読ください。

宅地建物取引士試験

本日は、宅地建物取引士試験ですね。受験される方は頑張ってください!民法改正後初の試験という事もあり、難化が予想されます。

受験される方からよく聞かれるのが勉強方法。私の場合、通信講座と市販の予想問題すべて購入して、実際の試験同様、13時から15時の間に予想問題50問をやってみる。という事、35点前後取れれば合格ラインだと感じました。業界の方であれば、「宅建業法」「建築基準法」「都市計画法」「区分所有法」あたりはすんなり頭に入ると思いますが、問題は「民法」ひっかけ問題が作り易そうです。徹底的に勉強し40点で合格したのが自慢です。

その後、管理業務主任者、マンション管理士を取得しましたが、ストイックに勉強しすぎて、テキストのミスに気付ける程になりましたが、今ではほとんど忘れてしまっています。たまには勉強しなおさないとだめですね。

PREBニュースレター10月号です。
ご一読下さい。

2022年生産緑地問題

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成28年に生産緑地に関する勉強会に参加させていただき、内容が印象深く、今期6月に学会誌が届いたときに読み直してみました。当事者又は相続人の事情次第で、10年延長か買い取り申し出か、という選択になろうかと思いますが、多くは宅地として売却されるのではないか、という予想をしております。相続人による週末農家ができる世帯も少数でしょうし、現実農地の維持は難しいと考えております。

環境等を考えますと、宅地化より農地維持の方が格段に良いのは承知しておりますが、残念ながら、農地を維持するハードルが高すぎてほぼ無理な状況ではないかと思っております。

 

 

瀬谷区米軍施設跡「新交通システム700億円」

2027年に開催を計画する花博以降の新交通システムの事業費試算が700億円との見込みのようです、半額は横浜市の負担で、車両や駅施設などの整備費を運行事業者に負担させるとの事で、想像以上に巨額で採算が合うのか疑問です、それならば、環境に配慮したトロリーバスや路面電車で良いのでは?という考え方は私だけでしょうか。