無知は罪なり、知は空虚なり、英知持つもの英雄なり。

今更ながら、改めて様々な人が業界にいるのだと再認識しました。仕事に対する姿勢であったり知識や経験等も各々違う訳ですから、ちょっとした考え方の相違がトリガーとなり、大きなトラブルに発展するものです。

不動産屋全体が最低限の知識や常識、商慣習を持ち合わせているとは限りません、宅建士の5年に一度の法定講習、他に保証協会の講習も参加、何れか一方だけの方も大勢いると思います。

取引先に迷惑を掛けない様に、勉強活動などを積極的に行っているのですが、知識と共に気遣いや配慮も大切です。「人の振り見て我が振り直せ」肝に銘じます。

今月のマンスリープレブです、ご一読ください。
MonthlyPREB_20171201