連休も終盤です。

プロ棋士、藤井聡太四段、16連勝凄いですね。将棋の事は良くわかりませんが、対戦相手の分析力や先を読む能力に長けているのだと思います。なんとなく、株式為替トレーダーと似たような才能なのだと思いました。

不動産取引を双六に例えると、スタートが契約だとして、ゴールが残金決済となりますが、リスクのあるマスやラッキーなマスもある訳で、一マス、二マス戻る事を事前に準備しておけば、それなりに対応できる訳で、建物修繕にしても、事前対応と事後対応では、前者の方が予算は低く抑えられ、建物も長持ちします。

即ち、リスクヘッジは何事にも準備しておく必要があると思う訳です。

(一社)不動産ビジネス専門家協会ニュースレターです。
ご一読ください。
PREBニュースレター第14号

投稿者: Agent_K

1990年より不動産業に従事。 所有資格:マンション管理士・宅地建物取引士・管理業務主任者