法定研修会に出席です。

IMG_0114 (1)

宅建業者は、宅建業法64条の6に基づき、
毎年法定研修を受ける義務があり研修の受講を怠ると、
免許更新時に不都合なことが起こりうる場合があります。

今回の研修の内容は、人権問題と不動産のIT化、
そして空き家問題と、タイムリーな内容でした。

人権問題は、詳しくは知らないのですが差別されていた地区の歴史があり、
入居申込書等に、国籍、本籍欄のある書式は使わない様にとの事でしたが、
賃貸業界では、未だに差別的な審査もあるようですね。

IT化に関しては、新規開業する宅建業者の殆どが、
ITを駆使した集客手法との事で、
駅前路面店が強い時代は終わった感があります。
それと「ビッグデーター」これはデーターを持っている大企業と、
それを利用できる大企業の話と受け止めました。

空き家に関しては、放置するくらいですから管理ビジネスは、
成立しにくい土壌でビジネスとしては成立しにくいでしょうね。

 

 

 

 

投稿者: Agent_K

1990年より不動産業に従事。 所有資格:マンション管理士・宅地建物取引士・管理業務主任者