日本不動産学会ワークショップ

本日は、公益社団法人 日本不動産学会秋季全国大会ワークショップ
「マンション管理の新たな展開―標準管理規約の改正を踏まえて」
に参加させて頂きました。

場所は、新浦安の明海大学
不動産学部不動産学科があるのはここだけだとか。

標準管理規約の改正案である、コミュニティ活動の削除の件、
毎回一定のメンバー参加は、容易く想像できます。
あくまで私見ですが、公平公正な管理費の使用として、
全員が参加できない行事に使用するのは、
如何なものかと考えておりました。

それと、第三者管理についての話もあり、
責任が重い理事長ですが、同じ居住者のトラブルでは、
及び腰になってしまいがちです。

一時的に外部理事長を迎え入れるとかの前例はあるようです。
フランスやイタリアでは、外部のプロを管理者(理事長)
として雇い入れ、所有者の団体が仕事内容を精査するという
システムらしいですね。
日本で行うとすれば、弁護士・司法書士・税理士・一級建築士・
マンション管理士等が考えられます。

投稿者: Agent_K

1990年より不動産業に従事。 所有資格:マンション管理士・宅地建物取引士・管理業務主任者